ダイヤモンド・色石のカットについて

代表的なラウンドブリリアントカットだけでなく、ダイヤモンド、カラーストーンには様々なカットが施されます。その形はそれぞれに個性があり、見え方は様々です。たとえ同じカットでも、色味、カットの左右比、深さ(高さ)が少し異なるだけで印象が大きく異なるのです。

エメラルドカットを施したトパーズ

stepカット エメラルドカット

例えばこの2つは同じエメラルドカットですが、角の落とし方や角度、また色の濃さによってかなり印象が異なります。これからも判るように、エメラルドカットと一概に言っても宝石それぞれに個性があるのです。

右の濃いトパーズは、深さがあるように見え、とても立体的で印象が強い宝石です。アンティークなどのデコラティブなデザインでも宝石が負けないのでよく合います。反対に左は透明感が強く涼しげな印象になります。シンプルなデザインのジュエリーによく合います。周りの色の影響を受けやすいので、薄いトパーズの場合はイエローゴールドよりホワイトゴールド、プラチナのほうが合うことが多いです。

代表的なカットの種類

エメラルドカットのほかにも様々なカット、シェイプがあります。代表的なものをご紹介します。シェイプ、カット、と呼ばれ方はありますが、最初に記載されている名前が一般的に使われているものです。

cushionカット

クッションカット(クッションシェイプ)

クッションカットとは、最近流行のアンティークなイメージのジュエリーに良く用いられるカットです。直線的でなく少し湾曲した四角や長方形の形をしていることが多く、ラウンドブリリアントカットが生み出される前に施されたローズカットなどと並び人気があります。

brioletteカット

ブリオレットカット(ブリオレットシェイプ)

ブリオレットカットとは、しずくのようにカットされた宝石です。ビーズのように上に穴が開いていることが多く、垂れ下がるようなデザインに見られます。また、研磨状態が悪いビーズ品質のものも多く出回り、これらは手づくりのビーズアクセサリーなどによく用いられ人気があります。

heartカット

ハートシェイプ(ハートカット)

ハートシェイプ(ハートカット)は年齢を問わず大変人気があるカットです。縦長のハート、横長のハートなど個性も大きく、好みも分かれます。縦長すぎると少しキツイ印象になり、横長すぎるとペッタリした印象になります。また、写真のように切り込みが浅いもの、また深いものなど一個一個印象が違います。どのハートが好き、などと選ぶのもまた楽しいひとときです。

cabochionカット

カボションカット(カボションシェイプ)

カボションカットはファセットという面がないカットでぷっくりとしたシェイプが人気の形です。多くはムーンストーンやその他の半透明、不透明な宝石によく用いられます。他にもキャッツアイなどの特殊効果がある宝石によく施されます。

pearカット

ペアーシェイプ(ペアーカット)ドロップシェイプ(ドロップカット)

ペアーシェイプ、というのが一般的な呼ばれ方ですが、最近では、ドロップカットなどとも呼ばれます。ペアーは、洋ナシの形に似ていることから名づけられたといわれています。定番のカットですが、イヤリングなど、下がるタイプのジュエリーに用いられるとエレガントで大変人気があります。

marquiseカット

マーキースカット(マーキースシェイプ)

マーキースは定番のカットで、その細長い形からリングのサイドストーンに用いられたりすることが多くあります。細いカットですが、ファセット(面)がたくさんあるため、ダイヤモンドはとてもキラキラし、人気があります。太さは決まりがなく、とても太いものから、細いものまで様々あります。

roundカット

ラウンドブリリアントカット

ダイヤモンドカット、などとも言われる一番定番のカットです。最近では、スクエアなども見かけますが、婚約指環のセンターに留まっているダイヤモンドと言えばイメージできるのではないでしょうか。58面でできており、その角度なども正確に決まっており、ダイヤモンドはカットグレードとして評価されます。

Ovalカット

オーバルシェイプ(オーバルカット)

オーバルカットは、楕円のカットのことです。基本的にはラウンドブリリアントカットと似ているのですが、楕円になっているものはオーバルと呼ばれます。色石によく見られ、リングのセンターに留まっていることが多くあります。色石によってそのカットの面数は異なります。