金の刻印「K」について

古くからジュエリーに使われてきた金属のひとつに、「金」があります。美しい輝きを放つ金を使ったジュエリーは上品で、女性をより魅力的に演出してくれます。金を使ったジュエリーには、「K18」や「K10」などの刻印があります。

「K」について

「K」とは、金の純度を示すものです。K24は純度99.9%になります。純金以外は、パラジウムや銀、銅など他の金属が混ぜられ、K20は純度83%、K18は純度75%と、使われている金の割合が少なくなると、Kの後に続く数字も小さくなります。アクセサリーやジュエリーでは、K18やK14が多く使われています。

なぜK24のジュエリーが少ないのか

「純金のほうが価値もあるし、メリットが多いのではないか」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。K18やK14のジュエリーが多いのには、理由があります。金は他の金属と比べると柔らかく、加工しにくいのです。柔らかいため、キズがつきやすいという特徴があります。そのため、他の金属と混ぜることで硬度と強度をプラスしているというわけなのです。特にK18は、アクセサリーに最適として重宝されているのです。

ゴールドジュエリーのカラーバリエーションが豊富な理由

ゴールドジュエリーは、ホワイトゴールドやピンクゴールドなど色のバリエーションが豊富です。それは、金に混ぜる金属の割合によって色が変化するからです。例えば、銀やパラジウムを混ぜるとホワイトゴールドに、銀と銅を混ぜるとイエローゴールドやピンクゴールドになります。どんな金属とのコラボレーションによって生み出された発色であるかを知ることも、ジュエリーの楽しみ方のひとつです。

女性にとってジュエリーは、コーディネートに欠かせないアイテムです。子供っぽくないけど大人可愛いもの、上品でエレガントなもの、オリジナルジュエリーなど、ファッションテイストによって使い分けておしゃれをお楽しみください。
当店では、カラーストーン・ダイヤモンド・K18を使用したピアスやペンダントトップ、ネックレスなどのジュエリーを販売しています。馬蹄をモチーフにしたペンダントトップは、厚みを持たせて高級感を出すなど細部にまでこだわっています。K18オリジナルジュエリーをお探しの方は、ぜひ当店の通販サイトにてお買い求めください。